はじめまして、和歌山の呉服屋「べにや呉服店」です。南海和歌山市駅のすぐそばで、着物の販売をさせていただいております。
べにや呉服店は明治11年(1878年)、初代熊五郎が神戸元町で『紀の国屋本店』として創業。戦災に合い、昭和21年(1946年)に二代目正成が和歌山にて『べにや呉服店』として営業開始。
そして現在、創業より130年以上が経ち、四代目晃広が店主を務め、五代目晃輝・真友梨とともに営業しております。
 
 
”着物”というものは、日本の長い歴史の中で、洗練されてきたものです。
明治時代以降は、段々と洋装の着用が増えていき、日常着も和装から洋装へとシフトしていきましたが、現在も、儀式の場での礼装としてや、伝統芸能の場での衣装、また、おでかけの際の日常着などとして、着物を着るという文化は続いています。
着物を着たことがある方は、着物を着て、帯を締めると、心も引き締まる、という経験はないでしょうか。着物を着た時の、心が引き締まる、特別な感じというのは、日本人にとっては、他の装束では味わえない、着物でだけ、というものがあると思います。
いざという場面ほど、日本人の装束である着物を身にまとい臨みたい、という気持ちは、日本人が、親から子へといのちが続くなかで、ともに歩んできた着物というものへの、心に染み付いた、遺伝子レベルの特別な感情というものがあるのかもしれません。
着物を着る、という文化を、しっかりとつないでいくことが、べにや呉服店の役割だと考えております。
 
 
現代、着物が普段から触れる日常着ではなくなったことから、専門家によるアドバイスというものが不可欠になっています。明治創業の老舗専門店としての、着物についての知識を活かして、お客さまにご安心していただけるアドバイスをさせていただきます。
また、お客さまには、できるだけ質の高い、ほんものの着物を身にまとっていただき、その特別な気持ちを味わっていただきたく、予算内で少しでも質の高いほんものの着物をご提供できるよう、日々務めております。コストを下げるため、つくり手さんから店舗までの距離をできるだけ近くするよう、新たなつくり手さん、問屋さんとのつながりを、つくり続けております。
お客さまには、場面に合わせた着こなし、着物の質にも胸を張り、その場に着物を身にまとい臨んでいただき、     
そして、着物っていいものだな、と改めて思っていただければ、と思います。
着物のことならどんなことでも、まずはお気軽にご相談くださいませ。
 
    

【場所】和歌山市西布経丁1-11       
【お問合せ】
 〈お電話〉073-423-0654 
 〈メール〉info@beniya120.com
【営業時間】10時〜19時 【定休日】火曜日と、祝日の月曜日

   Copyright (C) 2018 beniya All Rights Reserved.